質問と回答

VWPに基づき旅行するすべての乗客は、航空機または船舶で渡米する前に承認された渡航認証を取得することが義務づけられます。たとえ航空券が発行されていない幼児でも、米国への渡航ビザを所有していない場合には、承認された渡航認証の保持が必要です。申請は、VWPでの渡航者本人の代行として、第三者による手続きも可能です。
電子渡航認証が承認された場合、Visa Waiver Programに基づき米国への渡航資格を有することが証明されましたが、これは米国への入国を保証するものではありません。米国到着時に入国地でBorder Protection officerによる審査を受けますが、VWPに基づき、または米国法による何らかの理由で、入国は認められないと判定されることもあります。
Visa Waiver Programとは、特定の外国籍の国民に、ビザの取得なしに90 日以下の商用または観光目的の滞在で米国への渡航を可能にするものです。Visa Waiver Programに基づき入国を認められた渡航者は、申請画面の権利放棄のページで説明された通り、審査または不服申立を行なう権利の放棄に同意しなければなりません。
Visa Waiver Program参加国の国民または市民は、米国での乗り継ぎに際し渡航認証またはビザが必要です。旅行者が他国への経由地として米国で乗り継ぎのみを計画している場合に限り、旅行者はESTAの渡航認証申請画面で提示される以下の質問「米国への渡航は、他国への乗り継ぎのためですか。」に対し「Yes(はい)」を選択しなければなりません。
アンドラ
オーストラリア
オーストリア
ベルギー
ブルネイ
チリ
チェコ共和国
デンマーク
エストニア
フィンランド
フランス
ドイツ
ギリシャ
ハンガリー
アイスランド
アイルランド
イタリア
日本
ラトビア
リヒテンシュタイン
リトアニア
ルクセンブルグ
モナコ
オランダ
ニュージーランド
ノルウェー
ポルトガル
マルタ共和国
サン・マリノ
シンガポール
スロバキア
スロベニア
大韓民国
スペイン
スウェーデン
スイス
台湾
英国
取り消されない限り、渡航認証の有効期間は承認された日から2年間、あるいは渡航者の旅券失効日までのいずれか、早く到来した日までとなります。認証承認の画面に渡航認証の失効日が表示されています。
ESTAによる承認は複数回の渡航に適用され、有効期間は2年間(承認を得た日が基準となります)、あるいは渡航者の旅券が失効する日のどちらか、最初に到来した日までとなります*。つまりESTAによる渡航承認を得ている限り、その有効期間内であれば再申請の必要はありません。
米国滞在中にESTAが失効しても、出国に影響を及ぼすことはありません。
注意事項:ご自身の控えとしてその文書のコピーを印刷することが重要です。担当係官は関連情報を電子的に入手しているため、米国到着時にこの印刷物を必要とする訳ではありません。
ESTAが承認されたからといって、米国に2年間滞在できるわけではありません。Visa Waiver
Program(VWP、ビザ免除プログラム)に基づき米国への渡航が許可されたに過ぎず、米国での滞在期間は90日またはそれ以下に限定されます。90日以上滞在予定の場合は、最寄りの米国大使館あるいは領事館でビザを取得する必要があります。
*新しい旅券を取得した場合、あるいは氏名、性別または国籍を変更した場合には、新たに渡航認証を申請する必要があります。同様に、VMP適格性に関するすべての質問項目の内、回答が1つでも変更になった場合には再申請が必要です。
米国への渡航前であればいつでも、申請が可能です。Department of Homeland Securityは渡航に先立ち少なくとも72時間前までの申請を推奨しています。取り消されない限り、渡航認証の有効期間は承認された日から2年間、あるいは渡航者の旅券失効日までのいずれか、先に到来した日までとなります。
この申請様式の推定平均記入時間は10分です。
すべての必須項目欄に入力しなければいけません。もし誤った情報が入力された場合は、義務を拒否したことにはなりませんが、CBPによる判定に先立ち、申請者への返答の際、係官の裁定を必要とする可能性があります(そのため余計に時間がかかります)。
米国に到着する際、非署名国の航空機への搭乗を予定している場合。
90日間以上、米国への訪問を予定している場合。
Immigration and Nationality Act § 212(a)に関し、承認し難いいずれかの理由が自分に該当すると考えられる場合は、米国への渡航前に非移民ビザを申請しなければいけません。
短期観光または商用以外の目的で、米国に渡航しようとしている場合。
ユニークなヨーロッパ言語文字を、米国式英語アルファベットで代用する一般的な方法の例を次に表示しています。あなたの名前の万国共通スペルについては、パスポートの機械式読取りゾーンを参照することもできます(山形文字で表記されている部分 <<< >>>)。
ß,β =ss
æ =a e
ö =oe
ü =ue
ë =e
ä =ae
Å =aa
ø =oe
ñ =n
ij =i j
新しいパスポートを取得した場合、あるいはパスポート情報に変更が生じた場合は、新たに渡航認証を申請し、その処理費用を支払わなければいけません。
いいえ。DHSは渡航者のESTA情況に関し、すべての航空会社との交信が可能となっています。しかしながら、DHSは、渡航者が認証申請番号に関する記録を保持しESTA情況を確認する意味で、渡航者が渡航認証申請の回答を印刷するよう推奨します。
米国の規定では、Visa Waiver Program
(VWP、ビザ免除プログラム)を利用する渡航者に対し、渡航するためにESTA認証の印刷コピーの提示を要求してはいません。しかしながら、自分の記録を印刷しておくことを推奨します。ESTAを申請したものの申請番号を失念してしまった場合は、ESTAのウエブサイト上で申請者名、生年月日、旅券番号および旅券交付国情報を入力し、当該申請を検索することになります。
以下のいずれかに該当する場合、新しい渡航認証が必要になります
渡航者ば新旅券を発給されたとき
渡航者が氏名を変更したとき
渡航者が性別を変更したとき
渡航者の国籍が変更されたとき、あるいは
ESTA申請に関するすべての必須質問事項の内、渡航者が以前に回答した状況から1つでも"yes(はい)"、あるいは"no(いいえ)"回答に変化が生じた場合 。
渡航認証の有効期間は承認された日から2年間、あるいは渡航者の旅券失効日までのいずれか、早く到来した日までとなります。ESTAでは認証が承認されると、有効期限が提示されます。それを受けて、渡航者はこれまでのESTA認証あるいは申請用旅券が失効する際、新しい渡航認証を申請しなければなりません。関連手数料は、新たに申請を行う都度課金されることになります。